寝返り 少ない

寝返りが少ないのって困りますよね。。

 

私の場合、寝ている間ずっと同じ姿勢が続くからなのか、朝起きても肩や腰が痛かったり、寝返りの時に目が覚めたりしてました。

 

そんな中で見つけたのがモットンというマットレスでした。

 

同じように寝返りの時に目が覚めやすかったというドラゴンズの山本昌投手がおすすめしていたので、気になったのです。

 

実は高いマットレスで一度失敗したことがありました。

 

そこで次は値段じゃなくて同じ悩みの人の体験談をみて決めようと思っていました。

 

このサイトではそんな私が参考にした体験談をまとめています。

 

 

寝返りが少ないのを放置するとどうなる!?・・・

腰痛の原因になる

寝返りが少ないと腰痛の原因になることが「その原因Xにあり」のサイトに紹介されています。

★寝起き腰痛歴なし
牧野さん(32)…寝返り18回
前島さん(55)…寝返り15回
加藤さん(47)…寝返り20回

★寝起き腰痛あり
寝起き腰痛歴3年 佐藤さん(31)…寝返り5回
寝起き腰痛歴30年 木村さん(50)…寝返り3回
寝起き腰痛歴3年 片岡さん(41)…寝返り4回
※一般成人の寝返りの平均は20回といわれている。

結果:寝起き腰痛をもつ被験者は、寝返りが少ない。
引用:その原因Xにあり

整形外科医で睡眠の専門家でもある山田 朱織(やまだ しゅおり)先生の解説で、寝返りと腰痛は関連性があるというのです。

 

寝返りは、一カ所に体重がかかり続けないようにするためにも行われていて、上の引用データのように、寝起き腰痛の人は、寝返りが少ない傾向があるという計測結果があります。

 

 

 

 

ほとんどは高評価の口コミでした

  • 寝返りがスムーズになった
  • 朝起きた時に楽になってた
  • 低反発のマットレスから変えて良かった

このように寝返りや翌朝の感じが良くなったという口コミが多かったのです。

マットレス訴求

モットンの最安値を楽天などから調査した結果・・・

楽天市場62,638円
公式の1.57倍の値段。返金保証なし。
アマゾン24,000円
安いけど中古品・・・1点だけ発見。返金保証なし。
薬局・ドラッグストア・マツキヨ・ドンキ取り扱いなし
転売サイト(ヤフオク・メルカリ)45,000円
ダブルサイズのみ。安いけど中古品。返金保証なし。

モットンの最安値は公式サイトでしたが、他の各販売店の価格も比較しておきました。

 

所有しているポイント次第では楽天やアマゾンが安くなる場合もありますが、返金保証やキャンペーン内容を考えると公式の方がお得です。

 

というのもマットレスは寝てみないと何もわかりませんからね。

 

転売サイトは返金保証がないだけでなく、不良品や違う商品が届くトラブルもあるので特別な理由がない限りは選ぶメリットがありません。

 

 

モットンって本当に効果あるのかな?

モットンのすごい所は、特に寝返りですかね。 今までは寝返りする時、眠りから覚める感じが あったのですが。 モットンを使い始めてからは、寝返りをした記憶 がないんです。それくらい自然に寝返りが打て ていると思います。だから、次の日も快適です。

 

出典:http://motton-japan.com/lp/mat/af/b/

使用してすぐに腰痛が良くなるとは期待していませんが、寝返りがスムーズにできますし、横になったときにしっくりくるので私は大満足です。

 

出典:http://motton-japan.com/lp/mat/af/b/

このように、ほとんどの口コミは高評価でした。

 

特に寝返りがスムーズになるというのが良さそうだなと思いました。

 

眠る時と朝起きた時に同じ姿勢のことも多かったので、これが朝の痛みの原因だと思っていたからです。

 

 

 

寝返りが少ない原因は何? 寝返りが少ないとどうなる!?

筋肉が硬いと寝返りが打ちにくい

筋肉が硬いと寝返りが打ちにくい原因になるという16号整形外科院長の山田朱織医師の解説が、NEWSポストセブンに紹介されています。

寝返りは意外にも“全身を使う運動”なんです。普通に生活できている人なら、寝返りするだけの筋力はありますが、全身のどこかの筋肉が硬いと、その部分が柔軟に動かず、寝返りが打ちにくい。寝る前にストレッチで準備運動をしておくことで、寝返りが打ちやすくなると考えられます
引用:NEWSポストセブン

モットンの反発力が寝返りをサポートするのに効果があることが公式サイトに紹介されています。

寝返りに必要なエネルギーが従来品を100%とすると、 モットンは80%。筋肉が少ない日本人や女性でも簡単に 自然な寝返りを打つことができます。
引用:公式サイト

ストレッチで寝返りが打ちやすくなるというのは今すぐできる対策なので、寝返りが少ないと自覚している人はやってみてください。

 

また、筋肉の量も寝返りのしやすさに関係あるということなのですが、筋肉をすぐに増やすのは難しいと思います。

 

寝具でもある程度寝返りをサポートできるのなら、変えてみるというのも即効性がありますよね。

 

 

モットンって本当に安心して買えるのかな?

しばらく迷っていましたが、腰痛がつらくなり思わず購入しました。安いっとは言えませんが返金保証もついてましたし、もっと早く試してみれば良かったです。

 

出典:http://motton-japan.com/lp/mat/af/b/

レビューをみて購入したのですが私には合わず残念ながら返品する事にしました。返品の際の対応は素晴らしかったです。また機会があれば、別の商品を購入しても良いと思いました。

 

出典:http://motton-japan.com/lp/mat/af/b/

マットレスって家に持って帰って実際に寝てみないと本当にあってるのかわからないんですよね。。

 

私もこれで失敗しました。 店頭でちょっと寝転んでみて「最高!」と思ったけど、実際寝てみたら翌朝肩が痛かったのです。。。

 

でも、モットンの公式キャンペーンなら返金保証が付いているので、合わなくても大丈夫という安心感がありました。

 

 

 

モットンのと他の対策の違いは?

低反発マットレス

今までは低反発マットを使用していたので、はじめは少し硬く感じましたが、いまはこれが好きになりました。使えば使うほど、好きになっていくマットです。腰の痛みが寝起きの時あるのがほぼ解消されました。いままでの低反発マットが災いしていたこと、認識しました。

 

出典:http://motton-japan.com/lp/mat/af/b/

低反発マットレスは実はよくないという意見も聞きますよね。

 

低反発マットレスで体が深く沈むと寝返りがしにくいということがマットレスを開発しているアイシン精機のサイトに紹介されていました。

体圧分散性を重視した従来のジェルマットレスや競合の低反発マットレスのように体が深く沈み込むと、いざ寝返りをしようとした時は、畳の上のようにはいかない。
つまり、寝心地の良さと寝返りのしやすさは相反する機能なのである。
引用:アイシン精機

 

私も昔は低反発を使っていました。最初はいい感じなのですが、すぐに人型にくぼみができて、余計に寝返りしなくなりました(^_^;)

 

寝返りをしやすくするにはある程度の反発力が必要なんですね。

 

 

モットンで寝返りが楽になったというレビュー動画がありました。

 

 

 

病院や接骨院

1年半ほど前から腰痛に悩まされていました。あまりにつらかったので、病院や接骨院などにいきましたが病気でなく、ただの腰痛と分かってからは、腰にに効きそうなものを片っ端から試しました。 そして、今回モットンと出会い、これが大正解!寝ている時に腰を支えてくれている感じで、助かっています。

 

出典:http://motton-japan.com/lp/mat/af/b/

寝返りが少ないと朝腰や肩の痛みがひどかったです。

 

私もひどい時は整骨院や病院に通っていました。

ただ、慢性的に痛いので、ずっと通い続けるのも大変なんですよね。

 

いま調べてみると、整形外科の治療は対症療法だから整骨院で原因を治すべきという意見が多いですね。整骨院のサイトには。。

 

医療機関で一般に行なわれるレントゲンやMRIの画像では、
筋肉の損傷や関節のわずかなズレ・ゆがみなどは見つけにくく、
痛み止めの投薬治療などの対症療法で対応することがほとんどですが、
根本から治さない限り不調はいつまでもなくなりません。
整骨院では、一人ひとりの痛みや不調の原因に正面から向き合い、
きめ細かな治療計画と的確な施術で全身のゆがみを正してバランスを整え、心身の回復をサポートします。
引用:さがみが丘整骨院

 

けど、私が通っていた整骨院の先生からは、整体は一時的にしかよくならないから、体を鍛えるように言われました笑

 

日本医科大学病院教授、多摩永山病院整形外科部長の宮本雅史氏が日経グッデイの中でこのように語っていました。

腰痛があっても安静にせず、できるだけ普段の生活に近い形で過ごしたほうがよい。「痛い場合には、サポーターやコルセットの助けを借りてでも、動くほうがいいんです。
引用:日経グッデイ

 

なので、病院にも整骨院にも任せにするだけでなく、自分で運動したり、マットレスも変えたりしてみようという気になったのです。

 

 

 

 

このように、他の比較している人の口コミも参考になりました。

 

低反発マットレスからモットンに変えてよかったという人が何人かいたのですが、私も同じ意見です。

 

病院や接骨院は私も行きましたが、慢性化している場合は体を鍛えたり、寝具を見直したりという自分の努力も必要だと実感しました。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

寝返りで目が覚めるのは大変ですが、色々な解決法があるので自分に合った方法を試してみてもいいかもしれませんね。

 

口コミを色々みてみた結果、私はマットレスを変えるのがいいと思ったので、中でも評価の高かったモットンを買いました。 一緒に頑張りましょう♪